« »

KKAについて

8月
31st
member
admin

新聞を読んでいると「マランゴニ対流」と言う聞きなれない言葉が目に飛び込んできた。
液体の表面には面積を小さくするように表面張力が働いていて、温度が低いほど強くなるという。
この力の差が「マランゴニ対流」なのだそうです。

人類の祖先は全身毛むくじゃらの動物だったそうです。
その人類が進化し、今の私たちのような毛の無い動物になった時、おそらくその大半が死んでしまったのではないかと思われます。
毛の無い動物は、太陽の強い紫外線に焼かれてしまいます。
生き残った人類の中から、皮膚にメラニン色素を定着させ、紫外線から守ることに成功した、いわゆる進化したものが誕生します。


date Posted on: 日曜日, 8月 31, 2008 at 19:40:07
Category 水 日記.
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.

You can leave a response, or trackback from your own site.



Leave a Reply


水資源有効利用研究所ー水バカ日誌-アンモニア処理/除去・井戸水 地下水浄化 is powered by WordPress
Theme is Coded&Designed by Wordpress Themes at ricdes by SEO BRAVE MYU
PR:京都 教習所FC・フランチャイズ募集