« »

KKAについて

9月
9th
member
admin

量子コンピューターなるものの開発が進んでいるそうです。
現在のコンピューターは「0」か「1」を情報の最小単位として扱うが、量子コンピューターは光子や電子一個の、スピン(回転)の向きなどの状態を1ビットの情報として扱うので、大量の情報を瞬時に処理できるのだそうです。

黒人が北欧で生活するとクル病を初めとする、骨の病気に罹ることが心配されます。
一日中外にいて太陽の光を浴びても、メラニン色素で真っ黒な皮膚は紫外線を通さず、したがってビタミンDも吸収されません。
大人でも長期間住んでいれば健康上問題が生じると思われます。
まして、成長期の子供にとってビタミンDは骨格の形成に不可欠な、非常に大事な必須ビタミンなのです。
強すぎる紫外線を防ぐことは出来ますが、少なすぎる紫外線を増やすことは出来ないのです。


date Posted on: 火曜日, 9月 9, 2008 at 20:06:34
Category 水 日記.
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.

You can leave a response, or trackback from your own site.



Leave a Reply


水資源有効利用研究所ー水バカ日誌-アンモニア処理/除去・井戸水 地下水浄化 is powered by WordPress
Theme is Coded&Designed by Wordpress Themes at ricdes by SEO BRAVE MYU
PR:京都 教習所FC・フランチャイズ募集