« »

太陽質量の180億倍!!!

4月
17th
member
admin

昨日ブラッックホールの記事が載っていたばかりの新聞に、今日は史上最大のブラックホール発見の記事が載っています。大阪教育大学などの国際研究チームが観測史上最大となる、太陽質量の180億倍の超巨大ブラックホールを発見した。
そんなことが何故判るのか不思議なのですが、地球から35億光年も離れたところにある、12年周期で二回だけ大きく輝く特異な天体として前から知られていたというのです。この構造が此のたび解明されたのです。実はブラックホールは二つあり、一つは太陽質量の180億倍、もう一つは1億倍。軽いほうのブラックホールは秒速10万キロメートル、つまり光速の三分の一のスピードで12年周期で重いブラックホールを回っているのです。重いブラックホールの回りには円盤状のガスがあるため、ガスに突入時と脱出時の二回衝突することで発光することが判ったのです。

今聴いているのは Peter and Gordon で A World Without Love です。
50年代か60年代の音楽か忘れましたが、中学生の頃ラジオにしがみついて聴いていたことを思い出します。

それにしても35億光年も離れたところで起こっていることが何でわかるのか?医療技術のCTやMRIもそうでしょうが、コンピューターの発達が無かったら絶対といっていいほど無理なことだったでしょう。
今や、家庭用のパソコンが2G(ギガ)のメモリーを搭載していることなど当たり前になりました。我が家のパソコンですらそれ位のスペックを持つ時代です。千年昔の十年間と、今の十年間では時間の早さが違うのではないかと思うくらい大きな変化があります。そう考えると「長生きはしないと損」かなって思います。


date Posted on: 木曜日, 4月 17, 2008 at 20:59:00
Category 水 日記.
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.

You can leave a response, or trackback from your own site.



Leave a Reply


水資源有効利用研究所ー水バカ日誌-アンモニア処理/除去・井戸水 地下水浄化 is powered by WordPress
Theme is Coded&Designed by Wordpress Themes at ricdes by SEO BRAVE MYU
PR:京都 教習所FC・フランチャイズ募集