« »

「安全」その1 身の回り品

9月
27th
member
admin

ラウリル硫酸は石油から作られます。
ラウリル硫酸の毒性で最も特徴的なことは皮膚に対する「浸透性」です。
人の皮膚はほとんどの物質を通しません。
仮に皮膚が水を通すとしたらどうなるでしょうか? まず水泳は出来なくなります。
進入した水でパンパンに膨れ上がり死んでしまうでしょう。
このように皮膚は細菌やウイルスなどほとんどの物質を通さないのですが、例外的に非常に「分子が小さなもの」で浸透してしまうものもあります。
その代表的なものがラウリル硫酸で、この物質が含まれている製品を使うと、皮膚を通して(経皮的)に侵入して蓄積されます。
最近の母体が心配される一つの特徴として、羊水が汚れているといいます。
昔の人の羊水は透明でだったのに現代の人の羊水は濁っているのです。


date Posted on: 土曜日, 9月 27, 2008 at 11:20:50
Category 水 日記.
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.

You can leave a response, or trackback from your own site.



Leave a Reply


水資源有効利用研究所ー水バカ日誌-アンモニア処理/除去・井戸水 地下水浄化 is powered by WordPress
Theme is Coded&Designed by Wordpress Themes at ricdes by SEO BRAVE MYU
PR:京都 教習所FC・フランチャイズ募集