« »

アルカリ食品と梅干?

4月
18th
member
admin

北京五輪聖火リレーで、出発会場に予定されていた善光寺が出発式を辞退したという記事が載っていました。過去このような聖火リレーが会っただろうか?平和の祭典であるはずのオリンピックはどこへ行くのでしょう?

アルカリとは 「Ph」 で表される酸性度のことで、7が中性、それより低いのが酸性、高いのがアルカリ性と言います。
梅干は強い酸性を示しますがアルカリ食品です。私たちが子供の頃、弁当箱と言えばほとんどがアルミ製品でした。この頃の弁当にはなぜか梅干が入っていて、永く使った弁当箱には梅干のあたる部分が削れてしまい最後には穴が開きます。アルミニウムと言う金属が梅干の酸性に溶けてしまったのです。こんなに強い酸性の梅干がなぜアルカリ食品と呼ぶのか?それはアルカリ食品の定義によります。食品を燃やし灰にします。この灰に水を加え、その水の 「Ph」 が酸性なのかアルカリ性なのかということです。

ちなみに今聴いている音楽は queen で killer queen です。

一般的に植物はナトリウム、カリウム、カルシウムなどのアルカリ金属類を含みます。これらの金属は灰になると酸化物となり、水に溶けてアルカリ性を示します。一方、肉などのようにリンを含む食品は灰になると燐酸になり酸性を示すのです。このことから判るようにアルカリ食品と言うのは、食品の状態の 「Ph」 を言うのではなく、灰になってからの 「Ph」
を言うのです。


date Posted on: 金曜日, 4月 18, 2008 at 21:44:03
Category 水 日記.
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.

You can leave a response, or trackback from your own site.



Leave a Reply


水資源有効利用研究所ー水バカ日誌-アンモニア処理/除去・井戸水 地下水浄化 is powered by WordPress
Theme is Coded&Designed by Wordpress Themes at ricdes by SEO BRAVE MYU
PR:京都 教習所FC・フランチャイズ募集