« »

「安全」その1 身の回り品

10月
12th
member
admin

石川から二歳になる孫がやってきました。
しばらくぶりに会うとしっかり走り回るし、おばあちゃんおじいちゃんとしゃべってくれます。
今月いっぱいいるので騒がしい状態が続きそうです。

壊れた「味蕾細胞」は20~30分で元に戻りますが、それまでの間「味蕾細胞」は味の情報を伝えられないため、何か食べても本来の食品の味とは違う
変なあじと感じてしまうのです。
正常な細胞が壊れるということは、その化学物質が危険なものであるということなのです。
「味蕾細胞」を破壊し、細胞深く侵入して血液に入り全身を巡ります。
妊婦の場合、めぐり巡って羊水にも侵入します。
その結果、羊水は白濁しシャンプーのようにあわ立ちます。


date Posted on: 日曜日, 10月 12, 2008 at 23:38:21
Category 水 日記.
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.

You can leave a response, or trackback from your own site.



Leave a Reply


水資源有効利用研究所ー水バカ日誌-アンモニア処理/除去・井戸水 地下水浄化 is powered by WordPress
Theme is Coded&Designed by Wordpress Themes at ricdes by SEO BRAVE MYU
PR:京都 教習所FC・フランチャイズ募集