« »

「環境防災」の講演に参加して

10月
26th
member
admin

ホテルグラン京都清水という、元は「京都市健保組合保養所きよみず」であった所で「断水のない地域の自然水利で、地震火災の対策と地域環境の再生を目指す『環境防災水利』の考え方」と題した講演に行ってきました。

主催はNPO法人京都・雨水の会で、立命館大学教授大窪健之氏による講演でした。
京都は幅員が非常に狭い地域が多く、地震発生時に出火すれば延焼する可能性が高く、その上消防車などが入れない場所が多いのです。
さらに清水周辺には二年坂や三年坂といった狭くて階段になっている場所も多いのです。
こんな場所では消防車などによる消火は望めず、地域住民による自主消防に頼らざるを得ないのです。
そこで大事な問題が消火用の水をどうするかです。


date Posted on: 日曜日, 10月 26, 2008 at 19:43:58
Category 水 日記.
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.

You can leave a response, or trackback from your own site.



Leave a Reply


水資源有効利用研究所ー水バカ日誌-アンモニア処理/除去・井戸水 地下水浄化 is powered by WordPress
Theme is Coded&Designed by Wordpress Themes at ricdes by SEO BRAVE MYU
PR:京都 教習所FC・フランチャイズ募集