« »

変異原性 その4

11月
11th
member
admin

大津市に建設予定であった大戸川ダムが、滋賀県、京都府、大阪府、和歌山県の四つの知事が建設反対の意思表示を示した。
地方が要らないといっているものを無理やり作ると言うのはやはりおかしい。
今回の意思表示で最終的に中止になるかどうかは分からないが、今後のダム建設に大きな波紋を投げかけたことは間違いないでしょう。

DNAが遺伝子を伝える大事なコピー機であることは分かっていただけたと思います。
その大事なコピー機に異常が発生し、部分的に文字が変わっていたり、違う色になっていたりしたらどうなるでしょう?
企業での問題ならお金の問題となって現れることになりますが、人の体でこのようなことが起こったら一体どんなことになるのか?
正常な遺伝子がもし間違って受け継がれたら?
怖い話ですが最近増加の一途をたどっているのが、多指(趾)症という先天的な奇形です。
足や手の指が6本あるのが多指(趾)症で、逆に一本少ないのが欠指(趾)症です。


date Posted on: 火曜日, 11月 11, 2008 at 20:23:06
Category 水 日記.
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.

You can leave a response, or trackback from your own site.



Leave a Reply


水資源有効利用研究所ー水バカ日誌-アンモニア処理/除去・井戸水 地下水浄化 is powered by WordPress
Theme is Coded&Designed by Wordpress Themes at ricdes by SEO BRAVE MYU
PR:京都 教習所FC・フランチャイズ募集