« »

変異原性 その5

11月
12th
member
admin

昨日、四つの府県に和歌山県知事を入れていましたが、三重県の間違いでしたごめんなさい。

コピー機が故障を起こすことは無くは有りません。
しかしほとんどはトナーの異常であったりローラーの回転不良であったりで、受け取った情報を間違えて転写するような異常はほとんど起こりません。
これが人の場合、情報を転写する段階で間違いが起こるのです。
この間違いを起こさせる原因として考えられるのが変異原性物質なのです。
「変異原性」という言葉はあまり聞きなれないと思いますが、DNAなどの遺伝子に悪い影響を与える作用のある物質のことです。
そしてこの「変異原性」のあるなしを判定するのがエームス試験と呼ばれるものです。
発がん物質をスクリーニングするための毒性試験として、カリフオルニア大学のAmes教授らによって開発されました。


date Posted on: 水曜日, 11月 12, 2008 at 21:13:32
Category 水 日記.
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.

You can leave a response, or trackback from your own site.



Leave a Reply


水資源有効利用研究所ー水バカ日誌-アンモニア処理/除去・井戸水 地下水浄化 is powered by WordPress
Theme is Coded&Designed by Wordpress Themes at ricdes by SEO BRAVE MYU
PR:京都 教習所FC・フランチャイズ募集