« »

変異原性 その21

11月
28th
member
admin

農水省は食用に流通することが分かった上で、業者と馴れ合いになって、汚染米の処分を引き受けてくれる便利屋さんと思っていたのでしょうか?
本気で横流れを防止するなら、真っ赤に着色するなどの処置を施すはずなのに、何の処置もとらなかったことが、本質をあらわしていると思います。

高度浄水処理と言う名前からは、本当に体に良い安全な水道水が供給されていると想像するのですが、それなら何故採水を拒否しなければならないのか?
技術的に完全な処理が行われていればその水は安全なはずです。
にもかかわらず命がけで水質検査を拒む理由がどこにあるのか?
水道水の安全性は行政任せになっていて、供給される側の我々はただ信用するしかないのです。
研究者は興味本位で水質検査をしようと言っているのでは有りません。
一年365日、毎日飲み続ける飲料水だからこそこだわっているだけなのです。


date Posted on: 金曜日, 11月 28, 2008 at 20:56:20
Category 水 日記.
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.

You can leave a response, or trackback from your own site.



Leave a Reply


水資源有効利用研究所ー水バカ日誌-アンモニア処理/除去・井戸水 地下水浄化 is powered by WordPress
Theme is Coded&Designed by Wordpress Themes at ricdes by SEO BRAVE MYU
PR:京都 教習所FC・フランチャイズ募集