« »

変異原性 その23

11月
30th
member
admin

殺人犯が、時効の後に人殺しを自供したという。
自供したからと言って逮捕も告訴も出来ない。
被害者の心境を考えればなんとも理不尽で、ばかげた法律だと思う。

水道水には変異原性物質が入っているのでそのままでは飲まないほうが良い。
それではどのような対策をすれば少しでも安全になるのか?
原則的には飲まないのが一番安全なのですが、ペットボトル入りの水は高くてどうしても水道水を飲みたいという方のために、「気休め」を一つ。
変異原性物質のほとんどが有機塩素化合物であるため、熱によって気化するという特徴があります。
そこで「煮沸」をすれば、これらの有機塩素化合物を減らすことが出来ます。
ただ煮沸時間が問題で、煮沸し始めるまでの間、未反応の前駆物質と塩素が反応し、前駆物質か塩素のどちらかが無くなるまで有機塩素化合物は増え続けます。


date Posted on: 日曜日, 11月 30, 2008 at 20:41:04
Category 水 日記.
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.

You can leave a response, or trackback from your own site.



Leave a Reply


水資源有効利用研究所ー水バカ日誌-アンモニア処理/除去・井戸水 地下水浄化 is powered by WordPress
Theme is Coded&Designed by Wordpress Themes at ricdes by SEO BRAVE MYU
PR:京都 教習所FC・フランチャイズ募集