« »

変異原性 その24

12月
1st
member
admin

日本の殺人に関する時効が、15年から25年に変更されたとTVで言っていた。
何年も前のことだと言うが、いくら25年になったといっても時効があること自体がおかしいと思う。
先進国の殆んどに時効がないというのに、日本の法律はおかしい。

煮沸することで、一旦増えてしまった有機塩素化合物を、無くなるまで煮沸するのにどれくらいの時間を要するのか。
5分とか20分以上とか、色んな情報があるため正確なことは分かりませんが、その中で最も信頼出来る本間都さんが「やさしい飲み水の話」の中で書いている、夏は3~5分、冬は5~7分間煮沸すれば殆んどなくなると思います。
ただし、水は煮沸することで通称「湯冷ましの水」と呼ばれるものになり、まずくなることは避けられません。
水には空気や炭酸などのガスが溶け込んでいて、これが水を美味しくしています。
ガスの抜けた水は、残念ながら美味しい水からまずい水へと変化します。


date Posted on: 月曜日, 12月 1, 2008 at 20:34:20
Category 水 日記.
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.

You can leave a response, or trackback from your own site.



Leave a Reply


水資源有効利用研究所ー水バカ日誌-アンモニア処理/除去・井戸水 地下水浄化 is powered by WordPress
Theme is Coded&Designed by Wordpress Themes at ricdes by SEO BRAVE MYU
PR:京都 教習所FC・フランチャイズ募集