« »

地球誕生と確率の話 

12月
18th
member
admin

大企業が非正規雇用だけではなく、正規雇用者までもリストラしようとしています。
「世界のソニー」などといわれているのに正規、非正規合わせて一万六千人(合わせて10%に当相当する)をリストラすると発表しました。

地球に人間のような知的生物が誕生したのは非常に稀なことだと思います。
ほとんど奇跡に近いことが重なり、重なりありえないほどの偶然によって地球が誕生したと考えられます。
結果論で言えば、地球と言う惑星は誰かの(神さん?)意思によって、人間という知的生物を生かすために、無理やり作られたと考えるのが最も自然なほど不思議な惑星です。
何もない真っ暗な暗黒の世界に突然ビッグバンによって宇宙が誕生した。
今から137億年前のことです。
そして今から46億年前に地球と言う惑星が誕生することになるのですが、恒星である太陽の大きさと、地球までの距離は生命が誕生することと非常に密接な関係にあり、恒星が大きすぎれば近くのチリ(地球の元になるいわゆる原料)はその引力に捕まり、恒星に取り込まれてしまったと思います。


date Posted on: 木曜日, 12月 18, 2008 at 21:10:17
Category 水 日記.
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.

You can leave a response, or trackback from your own site.



Leave a Reply


水資源有効利用研究所ー水バカ日誌-アンモニア処理/除去・井戸水 地下水浄化 is powered by WordPress
Theme is Coded&Designed by Wordpress Themes at ricdes by SEO BRAVE MYU
PR:京都 教習所FC・フランチャイズ募集