« »

地球誕生と確率の話 その5

12月
22nd
member
admin

いよいよ明日は我がサークルの発表会です。
コーヒーから水を作る実験を通して雨水の水質なんかを説明します。
子供の反応は非常に良く、前回は子供がもっとやってほしいと言って帰らない子供までいました。

太陽から届く膨大な光と熱エネルギーの量はそれはそれは大きなもので、この大きなエネルギーに対し、太陽から地球までの距離が今よりもっと近かったらどんなことになっていたでしょう
太陽に一番近い惑星「水星」を観察した結果を見ればそれは分かります。
太陽の引力圏からは免れ、取り込まれることはなかったのですが、あまりに近すぎたためこの星は灼熱の星となり、生物が誕生することは有りません。
太陽からの距離が「水星」の倍もある二番目に近い惑星「金星」でも近すぎます。
太陽から地球までの距離に比べ約72%の距離にあるため、大分地球に近い環境かというととんでも有りません。


date Posted on: 月曜日, 12月 22, 2008 at 18:31:39
Category 水 日記.
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.

You can leave a response, or trackback from your own site.



Leave a Reply


水資源有効利用研究所ー水バカ日誌-アンモニア処理/除去・井戸水 地下水浄化 is powered by WordPress
Theme is Coded&Designed by Wordpress Themes at ricdes by SEO BRAVE MYU
PR:京都 教習所FC・フランチャイズ募集