« »

地球誕生と確率の話 その8

12月
25th
member
admin

渡辺元行革大臣が反旗を翻しました。
24日の衆院本会議で、民主党が提出した衆院解散要求決議案に党の否決方針に反し賛成したのです。
これに対し、自民党の細田幹事長は渡辺氏を戒告処分をしました。

地球の二酸化炭素を減らしてくれたのは海、つまり水でした。
地球が「金星」と同じような状況で、二酸化炭素濃度がどんどん上がっていたら、400度までは上がっていなかったかもしれませんが、生物がすめるほど低い温度にはなっていなかったでしょう。
この二酸化炭素を減らすメカニズムは、偶然と考えるにはあまりにも不自然で、誰か(神さん?)が人を生かすために無理やり作ったシステムとしか思えません。
又、ここで登場する水に関しても滅茶苦茶不思議な物質で、他の酸素と同属元素との水素化合物に比べると、融点・沸点共にかけ離れた温度となっています。
酸素より原子量が大きい他の水素化合物が、マイナス80度という低い沸点に対し、水は100度という非常に高い温度となっています。


date Posted on: 木曜日, 12月 25, 2008 at 21:24:31
Category 水 日記.
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.

You can leave a response, or trackback from your own site.



Leave a Reply


水資源有効利用研究所ー水バカ日誌-アンモニア処理/除去・井戸水 地下水浄化 is powered by WordPress
Theme is Coded&Designed by Wordpress Themes at ricdes by SEO BRAVE MYU
PR:京都 教習所FC・フランチャイズ募集