« »

篠山での忘年会 つづき

12月
30th
member
admin

食事の後は二階(本当はこちらが一階?)のパブに移動し、お酒を飲めない私たち(ピアノの先生、ギターの先生、予防医学の先生)は、ウーロン茶を飲みながら音楽を楽しみました。
食事中H氏から紹介され、健康問題などでたくさんお話をしていた人達が、ピアノやギターを演奏するなどとは思ってもいなくて、そこらのちょっと上手いアマチュアのお兄さん程度だろうと思っていただけに、二人の演奏が始まった途端、あまりに高度な技術に度肝を抜かれてしまいました。
「なんなんや! この人たちは」というのがこの時の感想です。
二人とも、京都会館などのホールでお金を取って演奏すれば、いっぱいお客さんが来るだろうと思われるくらいのレベルで、まったくアマチュアのレベルでは有りません。
H氏がギターや、ピアノを習っていた先生だと紹介を受けたときも、少し上手い「アマチュアの人レベルの人やろ」と思っていただけに本当にびっくりしました。
その後、H氏が大阪で知り合ったというY君が、二人のギターマンを従え登場し、いわゆる若者の歌を熱唱してくれたのですが、我々の年代では付いて行けず、予防医学のA先生(55歳)と「ジエネレーションギャップを感じますな~」てな話をしながら聴いていました。
私は、桑田佳祐のように「巻き舌」で歌うのがだいっ嫌いです。
日本人がアメリカにあこがれているようで、そのような歌い方をする歌手は一人残らず嫌いです。


date Posted on: 火曜日, 12月 30, 2008 at 20:59:17
Category 水 日記.
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.

You can leave a response, or trackback from your own site.



Leave a Reply


水資源有効利用研究所ー水バカ日誌-アンモニア処理/除去・井戸水 地下水浄化 is powered by WordPress
Theme is Coded&Designed by Wordpress Themes at ricdes by SEO BRAVE MYU
PR:京都 教習所FC・フランチャイズ募集