« »

地球誕生と確率の話 その18

1月
10th
member
admin

海外で活躍するボランテイアのメンバーが、誘拐されたり殺されたりする事件が起こります。
政情が安定していない国ではこういうことは必ず起こるといっても過言ではありません。
危険を承知で活動している人にこんなことを言っては申し訳ないが、ボランテイアは日本でも出来るのでは有りませんか?

将来地球に住めなくなったら他の天体を探し、移住するしかないね~ なんていってる人がいますが、残念ながらそんな星はないと思います。
今の技術レベルでは、光の速度に近いような宇宙船すら作ることは出来ません。
もし出来たとしても人が住める星がないことはすでに調査済みのことです。
人の一生の時間を考えたとき、50年とか60年掛かってようやく移住できましたといっても意味がありません。
人類が光速の宇宙船を発明したところで、50~60光年離れた星に移動するのが関の山です。
ところが現実は何千光年という遥か彼方まで人の住める星は有りません。


date Posted on: 土曜日, 1月 10, 2009 at 21:19:20
Category 水 日記.
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.

You can leave a response, or trackback from your own site.



Leave a Reply


水資源有効利用研究所ー水バカ日誌-アンモニア処理/除去・井戸水 地下水浄化 is powered by WordPress
Theme is Coded&Designed by Wordpress Themes at ricdes by SEO BRAVE MYU
PR:京都 教習所FC・フランチャイズ募集