« »

ここまで来たコンピューター技術

1月
23rd
member
admin

私にとってコンピューターなるものを意識したのは15年くらい前だろうか?会社でデーターを扱う上で必要不可欠なものとして導入され、始めて手に触れたのがNECのパソコンだったと思います。
その時のOSはウインドウズの95でした。
起動にえらい時間が掛かり、私の課に5台あったパソコンは始めに出勤してきた人がとりあえず電源を入れ、立ち上がるまでの間にお茶を飲んで休憩できたような代物でした。
仕事が終わっても全てのパソコンを一斉に終了させることは出来ません。
万が一、急な問い合わせなどがあっては大変なので、一台だけは最後の一人になるまで落とせません。

そんなコンピューターでも仕事の能率は大きく変化し、それまで大勢の人が手書きで処理していた名簿や分析結果の管理が、嘘のように楽になり何より間違いがなくなりました。
さらにバーコードというものが出来てからの受付作業は、今まで複数の人の目による確認作業が欠かせなかったのに、バーコードリーダーでピッ! と読ませるだけで名前や年令、身長、体重など必要な情報が全て取り込まれるという、まさに夢のような進歩でした。


date Posted on: 金曜日, 1月 23, 2009 at 20:32:10
Category 水 日記.
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.

You can leave a response, or trackback from your own site.



Leave a Reply


水資源有効利用研究所ー水バカ日誌-アンモニア処理/除去・井戸水 地下水浄化 is powered by WordPress
Theme is Coded&Designed by Wordpress Themes at ricdes by SEO BRAVE MYU
PR:京都 教習所FC・フランチャイズ募集