« »

ここまで来たコンピューター技術 その7

1月
29th
member
admin

クウを観察していて気が付くことがあります。
気のせいかクウが寝ている鞄の位置が少しずつずれているのである。
見るたびに位置が違うような気がしたのでしばらく観察していて分かったことは、朝一番には朝日を受ける場所に鞄を置き、夕方になって日が傾くと少しずつ東に移動させていたのです。

スーパーコンピューターはどれくらい速いのでしょうか?
一万桁の数字を因数分解する場合(どんな必要性があるの?)今のスーパーコンピューターでは計算できません。
最も速いとされるスーパーコンピューターでさえも、生きている間にその結果を知ることは出来ないのです。
いったいどれくらい掛かるのか? およそ一千億年掛かるといわれています。
一万桁の数字を因数分解する必要性についての議論はともかく、私たちがスーパーコンピューターに対する憧れのようなイメージとは別に、このままでは将来コンピューター技術の頭打ちが起こるでしょう。
そこで登場するのがまさに「超スーパーコンピューター」の技術です。
現在のコンピューターの演算は0か1の値を取る「ビット」です。


date Posted on: 木曜日, 1月 29, 2009 at 21:00:20
Category 水 日記.
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.

You can leave a response, or trackback from your own site.



Leave a Reply


水資源有効利用研究所ー水バカ日誌-アンモニア処理/除去・井戸水 地下水浄化 is powered by WordPress
Theme is Coded&Designed by Wordpress Themes at ricdes by SEO BRAVE MYU
PR:京都 教習所FC・フランチャイズ募集