« »

ここまで来たコンピューター技術 その8

1月
30th
member
admin

麻生総理大臣がまたまたやってくれました。
国会で官僚が書いただろうと思われる文書を読み進める内、参画(さんかく)をさんかすると読んでしまったのです。
ところがそれだけでは止まらず、今度は中川昭一財務大臣兼金融担当大臣が、渦中(かちゅう)をうずちゅうと読んでしまったのです。
東京大学法学部政治学科卒業という学歴に比べ、なんともお粗末な話ですね。

北海道大学電子科学研究所の竹内教授らの研究グループが、光の素粒子「光子」を使った世界最大規模の光量子回路を開発したと、アメリカの科学誌サイエンスに発表しました。
将来これにより「量子コンピューター」と呼ばれるものが実現するかもしれません。
現在のコンピューターが0か1の値を取る「ビット」に対し、「量子コンピューター」では0と1を同時に表現する「量子もつれ合い」の状態も含めて1ビットとして扱うため、飛躍的に演算速度が上がるといわれています。


date Posted on: 金曜日, 1月 30, 2009 at 20:02:12
Category 水 日記.
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.

You can leave a response, or trackback from your own site.



Leave a Reply


水資源有効利用研究所ー水バカ日誌-アンモニア処理/除去・井戸水 地下水浄化 is powered by WordPress
Theme is Coded&Designed by Wordpress Themes at ricdes by SEO BRAVE MYU
PR:京都 教習所FC・フランチャイズ募集