« »

ここまで来たコンピューター技術 その10

2月
1st
member
admin

川の水で地下鉄の駅を冷やすという、ちょっと変わった冷房システムの事が新聞に紹介されていた。
京阪電鉄の仲之島線には、真夏でも25度程度という堂島川の水が引きこまれ、冷房に使われる代替フロンの熱を冷ますため使われ、その後環境に配慮して水温上昇を五度以下に抑え川に戻されるのです。

私が始めてコンピューターと呼ばれるものに触ってから、せいぜい20年ほどしか経っていないのに、コンピューターの性能は格段に進化しました。
はっきりした数字は分かりませんが、少なくとも百倍や一万倍と言ったものではありません。
コンピューターの進化は私たちの生活そのものを変えてしまいました。
私が母に「コンピューターってすごいで! 家に居たまま買い物が出来るんやで!」 こんなことを言ったことを覚えています。
今では当たり前のことが、ものすごく未来のことのように思っていたのが、実はつい最近のことだったのです。
今や車も電話も洗濯機もコンピューターの使われていないものなどほとんどありません。
私たちはコンピューターに依存して生きているといっても過言ではないでしょう。


date Posted on: 日曜日, 2月 1, 2009 at 19:53:58
Category 水 日記.
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.

You can leave a response, or trackback from your own site.



Leave a Reply


水資源有効利用研究所ー水バカ日誌-アンモニア処理/除去・井戸水 地下水浄化 is powered by WordPress
Theme is Coded&Designed by Wordpress Themes at ricdes by SEO BRAVE MYU
PR:京都 教習所FC・フランチャイズ募集