« »

思い出に残る仕事 下水調査 その9

2月
13th
member
admin

アメリカとロシアの衛星が宇宙で衝突し、多数の破片が宇宙ごみとして散らばったと新聞が伝えた。
アメリカのイリジウム社が1997年に打ち上げたものが560Kg、ロシアの衛星が約一トンという重さだった。
破片は大きなものだけで数百個、小さなものはこれより遥かに多いだろうと言われている。

やっと地上に出られたうれしさで幸福感に浸る瞬間を過ぎると、突然猛烈に腹が立ってきました。
Y君に向かって「今まで何しとってん! わしが下でどんな目におおたと思ってるねん!」と怒鳴り散らかしました。
私が暗渠の中で経験したことを思えばこれくらいのことは言って当然です。
Y君は泣きそうな顔で何回も「ごめん ごめん」と必死に誤っています。
Y君の身に何があったのか? 詳しく聞いたところ実は彼も悲惨なことになっていたようです。
朝からお腹の具合が悪かったようで、上で待機中にお腹が「ゴロゴロ」しだし、脂汗が出てきてとうとう我慢が出来なくなりトイレを探したそうですが、あいにく近くにそんな場所が無く、仕方なしに探している内ドンドンここから離れて行ってしまったというのです。


date Posted on: 金曜日, 2月 13, 2009 at 20:04:33
Category 水 日記.
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.

You can leave a response, or trackback from your own site.



Leave a Reply


水資源有効利用研究所ー水バカ日誌-アンモニア処理/除去・井戸水 地下水浄化 is powered by WordPress
Theme is Coded&Designed by Wordpress Themes at ricdes by SEO BRAVE MYU
PR:京都 教習所FC・フランチャイズ募集