« »

思い出に残る仕事 下水調査 その11

2月
15th
member
admin

先日「都市鉱山」という言葉に目が止まり、具体的にはどのようなものなのかと詳しく記事を読みました。
携帯電話や携帯音楽プレーヤーなどの小型家電には金、銀、銅やレアメタルと呼ばれるプラチナ、インジウム、パラジウムなどが含まれていて、これらは廃棄されても再資源化されず、都市に眠っているということなのです。

そもそもなぜそんなことが起こったのかと言うと、彼は綾部出身で親元を離れ一人住まいをしています。
自分で料理をするようなことはなく、すべて外食に頼っています。
又へんな言い方ですが、非常に体が丈夫で何を食べても少々のことでは何ともありません。
値段は同じでうどんの玉が三つまでいける、いわゆるトリプルうどんを食べてもけろっとしています。
私も挑戦しましたが、ダブルが限界で三つは食べられませんでした。
四条にある〇〇飯店屋上のビアガーデンで食中毒が発生したときも、同僚10人位のほとんどに下痢などの症状が出たのですが、彼はぜんぜん何の症状も無く、会社でそのことの話題についてワイワイガヤガヤやっている時も「何かあったん?」と知らん顔でした。
そんな彼が下痢をする? 


date Posted on: 日曜日, 2月 15, 2009 at 21:43:38
Category 水 日記.
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.

You can leave a response, or trackback from your own site.



Leave a Reply


水資源有効利用研究所ー水バカ日誌-アンモニア処理/除去・井戸水 地下水浄化 is powered by WordPress
Theme is Coded&Designed by Wordpress Themes at ricdes by SEO BRAVE MYU
PR:京都 教習所FC・フランチャイズ募集