« »

過去のものではない 「結核の脅威」 その15

4月
22nd
member
admin

清水由貴子さんというタレントが、父親の墓前で自殺したと報道されていました。
80歳になる母親の看病疲れが原因だとされていますが、これからますます高齢化が進み介護問題は深刻度を増すことと思われます。
なぜ死を選ぶ前に誰かに相談できなかったのかと思われてなりません。

もしも薬を飲むのを止めたら、薬によって抑えられ、じっとしている結核菌が又増殖を始めてしまうのです。
このこと自体はそれほど問題にはなりませんが、一度死にかけた菌が再び増殖するとき体にとって非常にまずいことが起こります。
それが薬剤耐性を持つということです。
今日本中の病院で大きな問題となりつつある「耐性菌」の問題は、医療従事者にとって非常に厄介な、頭を悩ます事柄なのです。


date Posted on: 水曜日, 4月 22, 2009 at 22:15:12
Category 水 日記.
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.

You can leave a response, or trackback from your own site.



Leave a Reply


水資源有効利用研究所ー水バカ日誌-アンモニア処理/除去・井戸水 地下水浄化 is powered by WordPress
Theme is Coded&Designed by Wordpress Themes at ricdes by SEO BRAVE MYU
PR:京都 教習所FC・フランチャイズ募集